ビットコインFX ビットバンクトレード

ビットバンクトレードとは?

ビットバンクトレード は、国内で唯一ビットコインの先物取引「BTCFX」(ビットコインFX)を提供しているサービスです。通常の先物取引と異なるのは、原資産にビットコインを使用するだけでなく、差額もビットコインを受け取るようになっているところです。

通常の先物取引と同様に、限月という満期日が設けられています。ビットバンクトレードでは、今週・来週・四半期という3種類の期限を設けているだけでなく、ロング(買い)・ショート(売り)どちらも自由自在に行えるようになっています。

ビットコインの取引は24時間365日取引できるため、ビットバンクトレードも同様に24時間365日いつでも取引できるようになって上、通常の先物取引よりも取引機会が確保され、取引しやすくなっています

ビットバンクトレードは、ビットコインを使用しているだけでなく、先物取引としても非常に分かりやすく取引しやすいという特徴を持ったサービスです。

ビットバンクトレード

 

ビットコインFXと仮想通貨取引所取引との違い

ビットコインFXと通常の仮想通貨取引所でのビットコインの売買との違いについて説明します。

 

ビットバンクトレード でのビットコインFXと通常の仮想通貨取引所での取引には3つの違いがあります。

  1. ビットコインFXは、実際のビットコインをやり取りして利益を得るのではなく、売買の価格差で利益を得る。
  2. ビットコインFXは、手持ち資金以上の金額の取引を行うことができる。
  3. 通常の仮想通貨取引所の取引は、価格上昇時しか利益を得ることができないが、ビットコインFXであれば、価格下落時にも利益を得ることができる。

ビットコインFXは先物取引です。
先物取引は契約取引であるため、取引した時点でビットコインを手に入れるわけではありません。先物取引は、差金決済という実際の商品のやり取りをせずに、売買の取引契約の差額により利益を得るものです。
限月という満期日があり、取引したあと満期日を迎えたときに始めてビットコインを手に入れることになります。満期日前であれば取引を取り消しすることができます。取り消しせずに満期日を迎えたとき、満期日時点の金額で決済されます。

先物取引での特徴は、手持ち資金以上の金額の取引を行えることも重要な特徴です。証拠金を預ける必要がありますが、証拠金を元手に何倍もの金額の取引を行うことができます。証拠金は、取引の元本割れが生じた際に損失補填のために利用されます。ビットコインFXでは、この証拠金を現金ではなくビットコインで行うことができるようになっています。

通常の仮想通貨取引所での取引の場合、資金にあっただけのビットコインの売買しか行えません。通常の取引を実行すると、即時(ビットコインであれば約10分後)にビットコインを購入することができます。そして、保有したビットコインの価格の上昇により利益を得ることができます。ビットコイン購入時よりも価格が下落すれば、資産価値が下落し損失を被ることになります。

ビットコインFXであれば、価格上昇時だけでなく、下落時も利益を得ることができます。価格が下がると見込んだときは、売り(ショート)契約を行い、想定通り価格が下がれば買い決済(反対売買)を行うことでその価格差分が利益となります。

 ビットバンクトレードの詳細

ビットバンクトレードの詳細について説明します。

トレードの仕方

 

1.アカウント開設

まず、ビットバンクトレードにアカウントを開設する必要があります。アカウントの開設は、メールアドレスの登録のみで実施できます。

 

2.証拠金の入金 →証拠金の入金の仕方を掘り下げる。 別記事を作る。

証拠金としてのビットコインを入金します。入金はビットコインのみ可能であり、日本円の入金はできません。入金先は、ビットコインFXの口座への入金となります。

 

3.証拠金をもとに売買

入金した証拠金のビットコインをもとに、売買の取引を実施します。先物取引は、差金決済により利益を得るため、基本的には売り取引と買い取引がセットとなります。売り取引と買い取引を同時に行わなくても問題ありません。

 

上記の取引は、全てネットのみで実施可能なため、ネットに接続できればパソコン・スマホどちらからでも取引可能です。

 

ビットバンクトレードサービス詳細説明

 

1. 入出金方法と手数料

a)入金

証拠金の入金は、ビットコインのみです。日本円の入金はできません。既に保有しているビットコインを指定のアドレス宛に送金して入金します。

証拠金としての最低額は、0.04BTCとなっています。

 

b)手数料

・取引手数料

ビットコインFXでの売買取引にかかる手数料です。取引手数料は、0.01%となっています。手数料は、ビットコインで徴収されます。

 

・入出金手数料

ビットコインの入金時の手数料はかかりません。ビットコインを出金する時は、0.0005BTCかかります。

 

・キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)

ビットコインFXでの売買により、利益が得られたときのみ、利益額の0.2%が徴収されます。損失が発生したときは徴収されません。手数料は、ビットコインで徴収されます。

 

2. 前受制度とは?

先物取引で必要となる証拠金を預け入れることを、前受制度と言います。通常の先物取引では、日本円などの実通貨で行われますが、ビットコインFXではビットコインを預け入れます。

 

3. レバレッジ

レバレッジは最大20倍となっています。

 

4. 取扱い通貨ペア

ビットコインと米ドルのペアのみとなっています。

 

5. CGF制度で追証なし

ビットコインFXは、ロスカット制度を採用しているため、追加で証拠金を求められることはありません。ロスカット制度とは、ビットコインFXの場合、維持率が20%を下回った場合に強制決済を行うことです。

 

6.限月について

「今週物」「来週物」「四半期物」 の3種類です。

今週物・・・取引期限満了日は、その週の金曜日17時までとなります。

来週物・・・取引期限満了日は、翌週の金曜日17時までとなります。

四半期物・・・取引期限満了日は、3,6,9,12月の最終金曜日17時までとなります。

 

7.決済について

ビットコインFXでは、以下の3種類の決済方法を用意しています。

 

・反対売買

建玉と反対の取引を行う決済です。買い建玉を売り決済、売り建玉を買い決済、することで差金決済が行われます。

 

・途中決済(値洗い)

途中決済とは、来週物及び四半期物の商品において、毎週金曜日17時に確定する清算値によって、自動的に建玉の決済と新規建てを同時に行い、その評価損益と未実現損益を口座残高に反映させることを指します。

 

・期日決済

建玉を取引期日までに反対売買せず、持ち越した場合、建玉は、取引期日で決定する清算値で自動的に強制差金決済されます。この期限満了日までに反対売買せず、取引期限で決定する清算値による決済を「期日決済」といいます。

 

8.その他

本人確認資料を未提出の場合、1日に出金できる金額は、50BTCまでとなっています。

本人確認後は、1日に出金できる金額が500BTCまでとなります。

ビットバンクトレード