資金ショート寸前!あなたに出来る5つの事

事業は好調なのに資金繰りが苦しい…この様な事態は不意にやってくる事があります。そうならない為にも、経営者は資金繰りを常に把握した上で早期の対策が非常に大切です。資金ショートの危険性がある時、まず最初に本編で紹介する「起こさない為に直ぐに行うべき対策」を行いましょう。そして日頃から気を付ける資金繰り対策のポイントも解説します。

資金ショートとは何故起こってしまうのか

資金ショートとは、簡単に言えば『現金が無くなってしまうこと』です。仮にそれが一時的であっても、現金が底を着いてしまえば、手形不渡りや債務不履行となり、深刻な信用悪化を引き起こし、最悪の場合、倒産に繋がることになります。経営者として、最も避けなければならない事象です。

資金ショートは、大きく分けて2種類存在します

ケース①:赤字に因る資金ショート
ケース②:黒字倒産を引き起こす資金ショート

いずれのケースも企業規模に関係なく起こりうるものですが、より危険であるのは、ケース②です。黒字倒産を引き起こす資金ショートは一般的に予期しにくく、気が付いたときは手遅れといった事態も十分にあり得ます。創業間もなく資金が十分ではない時に売上代金の回収までに長期間を要するような企業は、特に注意が必要です。

ケース①  赤字に因る資金ショート
概要 売上げが落ち込んでしまったり、費用が過剰となってしまったりすることで、赤字決算が続き、手元資金(現金)が枯渇してしまうことで起こる資金ショート
予期の難しさ 容易(前兆として恒常的な赤字が続くため)
発生しやすい条件 ・ 衰退産業
・ 競合企業や代替商品が急成長

 

ケース②  黒字倒産を引き起こす資金ショート
概要 業績上の利益は黒字を維持しているものの、仕入れや給与等の支払い時期と、売上代金等の資金の回収時期のタイミングにズレがあることによって生じる一時的な資金ショート
予期の難しさ 難しい(しっかりとした資金管理を行っていない場合、直前になって気づくケースが多い)
発生しやすい条件 ・ 掛けや手形によるやり取りが多い(飲食店のように、現金の取引が主である企業には起きにくい)
・ 余剰資金が少ない
・ 資金繰りの管理がずさん

では、ケース②のような資金ショートが何故起こってしまうのか。それは、経営者が『損益ばかりに目を向け過ぎてしまう』からです。事業を行う上で、企業が成長していくことを第一に経営することが重要ではありますが、この点ばかりに目を向けてしまうと、現金の流れを忘れがちになってしまいます。

あなたならこのケースに資金ショートの危険性を感じますか?

例えば、ある販売先が以下のような交渉をしてきた場合…どのようなことを検討しなければならないのでしょうか?

A) 最近の売れ行き好調を背景に、商品Aの取引量を現在の1.5倍にしたい
B) 併せて、販売にかかる時間を勘案し、代金支払期日を現在の30日から45日にしてほしい

 

Aの条件をみると非常にありがたい話であり
Bの条件変更についても、変更理由(販売に時間を要する点)がよく理解できるので、売上げアップのためにとりあえず取引を開始してしまう場合が予測されます。

でも実はこれが黒字倒産を引き起こす資金ショートへの第一歩です。

この例で資金ショートを回避する策としては、まず売上代金の入金が15日遅くなる事によって他社への支払いが滞らないかをよく確認する必要があります。
売上げの増加だけに目を向けて判断せず、現金が手元にくるタイミングまでの資金繰り計画をしっかり検討する必要があります。

資金ショートを起こさないために行う3つの事

予期が難しい“黒字倒産を引き起こす資金ショート”を防ぐための予防策は3つです。

① 資金繰り表を作る

ベストは日次の資金繰り表を作成することです。事業規模が大きくなると日次の計画を作成するのは難しいですが、最低限月次の資金繰り表は準備して把握をしておきましょう。

◆整理すべきポイント

  1. 売上代金の回収
  2. 仕入代金の支払い
  3. 給与等の経費の支払い
  4. 借入金の返済
  5. その他、投資等大きな出費となるイベント

日次の資金繰り表を作ると現金の流れが非常によく分かります。一度作ってみることをお勧めします。また、支払いが重なる日(15日や月末月初)を確認して、一度の支払いで最大いくらの現金が必要なのか調べてください。それが最低限の現預金水準になりますので、是非一度は作成して頂ければと思います。

② 売上げ代金の回収は即日現金取引で

既存の取引先も含め、出来る限り売上代金は即日現金払いにしてもらうように努力してください。仮に、全取引が即日現金取引になれば、黒字倒産を引き起こす資金ショートは理論上起こらなくなります。

例)現金の流れ

■資金ショートを引き起こす可能性のあるパターン
(仕入れ)⇒(売上計上)⇒(仕入れ代金支払い)⇒(売り上げ資金回収)
※仕入れ代金を支払うための資金が回収できていない

■即日現金取引
(仕入れ)⇒(売上計上・売り上げ資金回収)⇒(仕入れ代金支払い)
※仕入れ代金の支払いのための資金は回収できている

③ 資金に余裕をもつ

流動的に扱える現預金を増やしておくことです。流動的に扱えるとは、固定預金や担保等になっていない現預金の事を言います。通常、月商の3か月分あると良好な水準であると言われますが、業種や企業規模によっても異なります。適正な水準は自社で設定する必要があります。最低限の水準を資金繰り表から推定し、そこから余裕をもった現預金を常に維持しておくと良いとでしょう。

預金額の適正水準を定める方法

パターンA:月商から求める
  1. 平均月商を求める・・・過去一年の売上を12ヶ月で割る。
  2. 余裕を持てる水準を決める・・・企業規模や業界などにより異なりますが、3ヶ月を目安にしてください。
  3. 現預金水準の計算・・・月商 × 3ヶ月 = 必要現預金水準
パターンB:資金繰り表から求める
①支払いが最も多くなる日を調べる。
②支払い額の計算・・・仕入れ代金の支払い額(現金払い+手形支払い)+給与支払い額+経費(光熱費や家賃など)支払い額-売上代金入金額(現金払い+手形入金)=支払い額
*当日中に売上代金が入金される場合は、支払い額からマイナスする。
③支払い額が必要現預金水準となる
毎月売上の入金が先に来る場合は、現預金水準は上記②のような水準まで高く設定しなくても良いです。ただし、入金が遅れた場合に備えて、給与分は維持すべきでしょう。

資金ショート寸前に!あなたが行うべき5つの事

資金ショートが起こると判明したら、とにかく即“行動”することが重要です。回避するために行動出来る5つの方法を紹介します。

① 個人の現金やカードローン等で一時的に回避

まず考えるべきは、何とか現金を確保できないかということ。
事業規模が大きい会社では無理ですが、社長個人の現預金やカードローンを利用し、一時的に現金を確保できないか考えるべきです。これで凌げるのであれば、利用する価値はあります。但し、カードローンを利用する場合は、当然貸付利息が付きますので、短期間で返済が確実に履行できることを確認してから行う必要があります。

② 資産の売却で回避

現金化が比較的容易な資産(有価証券やゴルフ会員権等)の売却を行うことで資金ショートを凌げないか検討して下さい。
ある程度前もって資金ショートが判明した場合は、固定資産の流動化(※)による現金資金の確保も検討する様にしましょう。貸借対照表を細かく確認して売却できる資産が無いか隅々まで検討して下さい。

※固定資産の流動化とは、リース会社等に固定資産(機械や建物)を売却し、リース料を支払うことで、当該資産の利用を継続すること。所有権の移転や貸借対照表からの控除等は、流動化手法によって異なりますので、注意が必要です。

③ 会社経費の支払いを後ろ倒しにして回避

現金を確保する手段がなかった場合は、資金繰りを見直すことを検討します。基本的には支払いを遅らせる方法が挙げられます

給与の不払いや後ろ倒しは労働基準法上できません。となると、人件費を除く一般経費で支払いを延ばせるものが無いか検討してみてください。

また、資金ショートは可能な限り社内で解決することをお勧めします。
何故かというと、外部に資金ショートの情報が伝わると信用悪化による新規取引停止等が発生し、事業に大きな影響を与える可能性があるからです。

④ 銀行からの融資で回避

現金の確保も資金繰りの見直しも難しい場合、かなりハードルは高いですが取引銀行に融資の相談をしてみましょう。既に融資を受けている銀行で、少額かつ短期間の融資であれば検討を行ってもらえる可能性はあります。その他、資金ショートを回避する手立ても一緒に検討してくれます。
資金ショートが発生してしまう状況を伝えることになりますので、銀行の信用悪化につながる懸念はありますが、手形不渡りや倒産に比べれば、かなりましな選択です。検討する価値は大いにあります。既に融資を受けている銀行であれば、融資先が倒産していくのを黙って見ている事はしませんので、まず銀行担当者に相談することをお勧めします。

⑤ 販売先に支払いの前倒し or 仕入れ先に代金支払いの後ろ倒しをお願いして回避

これは最終手段とも言えます。販売先や仕入れ先に支払いの条件を変更する依頼を行うことは、よっぽどの親密先でない限り通用しませんし、ビジネス上の信用を失うことになり、以後の事業に支障をきたす可能性が高いです。会社が潰れるよりはましという状況になって初めて検討できるものと考えて頂ければと思います。

資金ショートまでの限られた時間を最大限に使って、回避できるように、最後まで諦めずに考え、行動することを強くお勧めします。「最後の最後で、第三者のスポンサーが見つかった」なんていうケースもあります。

資金ショートとならない様に日頃から習慣付ける事

資金ショートは起きてから対応するのはとても大変です。手遅れにならない様、何より日々の業務において“資金繰り”を意識してください。
売上や儲けにばかりに目が行きがちですが、最も重要なのは“キャッシュ”です。会社経営はキャッシュが回って、初めて成り立ちます。いくら売上げをあげても現金にならなければ、支払いも出来ず成長への投資にも使えません。とにかく、「“キャッシュ”にするまでが取引である」ということを念頭に置くようにしてください。そうすれば、自ずと資金ショートのリスクは小さくなっていくはずです。

◆主な日々の習慣つくり

  1. 資金繰り表をつくり、実績を確認する
  2. 15日、月末月初の前には現預金水準を確認する
  3. 商取引では、いつ“キャッシュ”が手元にくるのか確認する
  4. 現預金は常に余裕をもつ

資金ショートは回避できるもの!

資金ショートは、経営上最も避けなければならない事象です。売り上げの追及よりも、はるかに重大な経営課題です。
資金ショートは、その原因が業績悪化による赤字でなければ、事前に防ぐ対処策を打つことができます。一度起こってしまうと取り返しのつかないものですが、回避することはできる事象です。今回取り上げたポイントを参考に、前広に資金ショートに対する理解を深め、日々の会社経営の運営方法改善に取り組んでください。